スポンサーリンク

コロナ禍の今見てほしい5日で100万再生の3分アニメ|日本赤十字社

気になること
JapaneseRedCrossPRより引用
【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」

今、アニメ制作の中止や延期が話題となっているなか、アニメでもこれだけ伝えられるんだと嬉しくなったので記事にさせていただきました。

2020年4月22日公開の3分弱のアニメ「ウイルスの次にやってくるもの」

日本赤十字社のYoutube公式チャンネルにて公開中です。

3分アニメの中で伝えているのは、不確定な情報の拡散による恐怖です。対応策についてもまとめていますので有益な情報として多くの方に知ってもらえたらと思います。

スポンサーリンク

ウイルスの次にやってくるもの

JapaneseRedCrossPRより引用

ウイルスは手洗いで感染の確率をぐっと下げることができます。日々の手洗いうがい、マスクの着用の重要性は周知の事実かと思います。

だけど、手洗いで流せないもの。

JapaneseRedCrossPRより引用
JapaneseRedCrossPRより引用

『恐怖』

感染していたらどうする?

誰が感染しているかわからない。

誰がこんな状況にした?

誰のせい?

不安に押しつぶされそうになる瞬間がありますよね。

アニメではこんな不安をひっくるめて「恐怖」と表現しています。

テレビや新聞では今コロナウィルスのニュースが連日流れています。不安な出来事が自身への恐怖に変わる瞬間を多くの人が体験していると思います。

恐怖への対策

情報の整理

JapaneseRedCrossPRより引用
JapaneseRedCrossPRより引用

何が正しくて何が正しくないのか自分で整理してみよう。わからないことはわからない。こんな状況にあるのは世界でも初めて。

ニュースで連日取り上げている情報は本当に正しいのか。

自分が想像していることは合っているのか。

苦しくてつらいかもしれませんが、いったん立ち止まって深呼吸。もう一度考えてみましょう。

負の連鎖に屈しない

JapaneseRedCrossPRより引用

自分がコロナウイルスに感染していたら

あの人はコロナウイルスに感染しているんじゃないか

誰がこんな状況を作った

世界はもっと重大なことを隠そうとしているんじゃないか

わからないことばかりですが、今を受け入れて来るべきときに備えよう。

自分には防衛本能があることに気づくことが大切です。

冷静に、客観的に恐怖を知り、知識を得ることも恐怖に打ち勝つ方法です。

毎日笑顔を作ること

JapaneseRedCrossPRより引用

家族や友達と話をしてたくさん笑って、しっかり食べて眠ること。日常を崩さないようにしよう。テレビ電話でも会話ができるので直接合わなくてもたくさん話してたくさん笑おう!

難しいことではありますが、日常を作ること。今できることでいつもと変わらない状況を作れれば心も落ち着きを保てます。

協力することの大切さ

今は緊急事態宣言がなされて、自粛の真っただ中。

GW中はどうなるの?

GWが明けたら?

本当に元の生活に戻れるの?

不安はいくつもあります。不安という恐怖に打ち勝つために団結しよう。

人は団結すれば、恐怖よりも強く、賢い。

コメント