スポンサーリンク

はめふら11話感想|急展開の後編

サブカル
アニメ『はめふら』11話より引用
スポンサーリンク

カタリナの夢の中

眠り続けて3日間。カタリナは夢の中で前世の記憶の中にいました。

アニメ『はめふら』11話より引用
アニメ『はめふら』11話より引用
アニメ『はめふら』11話より引用

優秀な医者に診てもらっても体に問題はなく、このまま目を覚まさないかもしれないし、急に目を覚ますかもしれない。

カタリナ一行の不安は最高潮へ。カタリナはどうなってしまうのか……。

アニメ『はめふら』11話より引用

キースが珍しく取り乱します。このままだとカタリナは眠り続けて死んでしまう。大切な姉をなくすことを一番恐れているのかもしれません。この後のメイドのアンまでもが取り乱してしまう。あまり動揺しない2人がひどく感情的になっていることがとても印象的でした。

みんなのカタリナ

アニメ『はめふら』11話より引用
アニメ『はめふら』11話より引用

カタリナ一行それぞれのエピソードへ。

ジオルド様のエピソードがお気に入りです。なんでもできて当たり前、貴族として生きているときのジオルド様は周りが灰色に見え、楽しいも悲しいも感情がありませんでした。

カタリナという不思議な少女に出会ってから、世界が色づいて見え、これまで経験したことがなかったすべてを教えてもらった。

嫉妬も切なさもすべて……。

アニメ『はめふら』11話より引用

カタリナの婚約者でありながら危険から守ることができなかった自分を責めるジオルド様。

11話ではジオルド様の人間らしいところがたくさん見れます。

アニメ『はめふら』11話より引用

ジオルド様以外もそれぞれが自分を責めたり、悲しんだり。

カタリナがいる生活がどれほど楽しいものだったのか。自問自答をするシーン。それぞれのエピソードから見える関係性も泣きポイントです。

いるべき世界へ

アニメ『はめふら』11話より引用
アニメ『はめふら』11話より引用

舞台はカタリナの夢の続きへ。

カタリナがいるべき世界はここじゃない。みんながいるところへ帰りなさいって言ってくれる。

大切な親友に会えた時間を惜しみながら、自分がいるべき世界に帰ることを選択するカタリナ。

あっちゃんのやさしさが心地よかったですね。

あっちゃんが転生してソフィアとしてカタリナを見守り続けるってのもいいシナリオだなーと思いました。人に恵まれてるわカタリナ様は。

アニメ『はめふら』11話より引用
アニメ『はめふら』11話より引用

みんなの願いが叶ったのか、カタリナは深い眠りから目を覚まします。

犯人が会長であること、メアリがどこにいるのかを『夢のお告げ』としてみんなにしゃべる。起きたら速攻で『いつもの変なカタリナ』に戻ってしまうこと、みんなもそれを理解していることがちょっと面白かったです。

ぜんぜん笑うシーンではないんですけどね笑

会長おおおお

アニメ『はめふら』11話より引用
アニメ『はめふら』11話より引用
アニメ『はめふら』11話より引用

悪魔的な会長が待っているところへ。

会長を救うことができるのか。カタリナが出す答えとは。

続く!!!

コメント